D.O.M Official Web Site

愛知県豊田市を中心に活動するふれあい型Michael Jackson Amusement Team

D.O.Mは、いいチーム。

Posted by MiyamotoMasahiro 作成日:2月 - 09 - 2012

D.O.Mというチーム。
結成は2010年9月です。つまり、マイケルの没後にできたチーム。
僕(OUJI)自身も、ちゃんと「マイケルが好きだ」って周りに公言できているのもマイケルが亡くなってからです。

2009年の12月に、僕のやってる「O-team」って豊田おいでんまつりのチームに、お笑い劇団「笑劇派」から「スリラーとかって踊れない?」という依頼があったのがそもそもの発端。
ナゴヤハウジングセンター春日井会場での公演として、最初は僕1人か2~3人で、軽くゾンビとマイケルっぽい人が踊って、話題性のある絵で面白くなればいいな、って感覚。
でもね、「本気でやらなきゃ面白くない」ってのが僕の性分なので、割とやり込んだんですよ。
もちろん、今からしてみたら赤面モノの出来栄えなんですけど、各所でご好評いただいて。春日井でも何度も再演しました。
そんな中、4月に地元豊田市のおいでんまつり関連のイベントで、ゲリラBeat It(ビレー)をやりたいな、と思って、ショーケースのために来ていた「DCO DANCE STUDIO」さんに声をかけたのが運命の始まりです。
誰に挨拶していいか分からなくて、とりあえずそれっぽい、金髪で怖そうだけど、偉そうな(良い意味で)人に話しかけました。
それが、代表のMASAさんでした。
その時は、一言二言会話をして、「コラボなんてできたら楽しいですよねー」なんて会話をしたような。
翌月末の「ふれ愛フェスタ」でコラボレーションを果たし、6月26日の一周忌イベントにも一緒に参加しました。
その一周忌イベントの時に10月23日のイベント依頼を請けて、「本格的にチームを作って、本気で練習しよう」となったのでした。

当時のメンバーは11人。O-teamから6人(当時はまだメンバーではなかったSakura含む)。DCOから5人。
マイケルファンと言えるのは、僕と、MASAさんと、Sakuraと、KUMAちゃんの4人くらい。
あとは、曲もあまり知らないようなメンバー。
でも、「お客さんにいいものを魅せたい」って気持ちは人一倍高いメンバーでした。
持ち時間は10分×3ステージ。
練習期間は約1ヶ月ちょい。
レパートリーは2曲(笑)しかもその内の一曲「Smooth Criminal」は事情があって使いたくない。「Thriller」もPV版に変更したいのでほぼ丸々1曲焼き直し。

1ヶ月間、「MBC(Michael Boot Camp)」と称される地獄のようなレッスンを、多い時は週に4日も行い
Thriller(PV)
2BAD
Drill→They Don’t Care About Us
Remember the time

というレパートリーで、うまくメドレーを作って時間を稼ぎ、本番にこぎつけた。

―あれから約1年ちょい。
年間約30公演をこなして、レパートリーも増えた。
みんなマイケルが大好きになったし
魅せることにどんどん貪欲になっている。

個性的な精鋭の揃った、いいチームになったと思う。
まだまだ、加速をやめるつもりはない。

Comments

comments